• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

当薬局の備蓄品目数に驚き!売買業者の利用について不安があります。

薬局の在庫はどんどんと膨れているのはわかっていましたが、ここまで増えているとは思いませんでした。現在1500品目を超えています。
デッドストックや期限切れも多く出ており、どうにかこれへの対応策を考えたいと思っています。
そこで最近雑誌などで頻繁に見かける売買業者の利用も視野に入れていますが、実際のところ売買業者を利用するのはどうなのでしょうか。
売る側と買う側では違うと思いますが、皆さんは利用されていますか。
利用には様々な点で不安があるのですが。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. erea2 2017/11/06 17:07

    当薬局も増える在庫に悩み、業者の利用を考えました。
    売ることだけでなく買う事も含めて考えました。
    しかし、利用はしていません。

    というのも売るにはかなりの時間と手間がかかります。
    薬を査定するには現物を郵送しなければならない、また写真で済ませることができてもその撮り方にはルールがありその通りでないと買取されない、などです。

    時間と手間をかけて売ろうと考えても、金額にしたらかなりの安価です。
    薬にもよるとは思いますが、その買い取り金額であれば無理に売る必要はないと考えるくらい安いのです。
    そのため業者利用はやめました。

    買取も安い金額で必要な分だけ購入できるのでいいと思いますが、信用できないと購入はできません。
    またシートが違う、届くまで本当に利用できる薬なのかわからない、などという事があるので辞めました。

  2. rikutuna2 2017/11/07 1:37

    薬の小口購入は問屋を通して利用したり、近隣の薬局と行ったりしています。
    売却は、以前薬剤師会で年1回行っていたのでそれに参加していました。現在ではそれもなくなってしまったため、それぞれの薬局同士でデッドストックの交換を行っています。
    ただし、デッドストックで購入した薬は返品も効きませんし、期限も短いため期限切れになることもあります。
    手間を考えるとデッドストックの医薬品を購入することが、必ずしもいいとは限りません。

  3. hisano1 2017/11/07 11:49

    在庫を減らすことは本当に難しいことです。もう出ないと思って問屋に返品、業者に売る、近隣の薬局に売るなどをしても、その後その薬の処方がでることも珍しい事ではありません。
    また、再度処方が出ると思っても処方がなく、そのまま期限切れということもあります。期限が切れると処方が出るということもあります。
    薬局で出来ることは限られており、それができたとしても在庫の金額を大きく減らすことにはなかなか結び付けられないという事です。これが一般的ではないでしょうか。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ