• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

妥結率の書類を毎年提出しています。皆さんはいつ頃書類提出されましたか。

妥結率の書類を毎年提出しています。今年も書類提出の時期がやってきました。
当薬局は1か月の処方箋枚数が4万枚には到底届きませんので問屋との契約書の提出だけで済みますが、これが4万枚超の薬局となると根拠となる契約金額の一覧も一緒に提出することが義務づけられます。
書類の作成は問屋が行ってくれますので、薬局としてはそれに薬局の印を押して厚生局に提出するだけです。
ただし、書類の作成の出来上がりを待つというのは何とも落ち着かないもので、まだかまだかと首を長くして待ってしまいます。
皆さんはいつ頃提出されましたか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. akiho1 2017/11/11 14:20

    問屋によって契約書の作成に時間がかかるところもあるのです。
    この契約書は、4月から9月までの取引価格の妥結についてを明記する書類です。
    9月30日で締めてそれを10月1日に作成完成とはいかないでしょうから、多少の時間はかかるでしょう。
    ただしこの書類の提出期限は10月末までですから、できるだけ早く提出してこの処理を終わらせたいというのが薬局の考えですよね。

  2. masaaki-74 2017/11/11 19:04

    多くの個人経営の薬局は9月までに問屋との取引価格も決定し、支払もスムーズに行われているはずです。ですから問屋側も書類はコンピューターで打ち出すだけで簡単に作れるものだと思います。

    しかし、これが価格決定していない商品がある、価格が決定していないので未払いがある、いつ支払いになるかわからない、価格で揉めているなどとなると書類の作成が難航するのでしょう。

  3. motonari7 2017/11/12 8:09

    妥結率が50%以下であると薬局の調剤基本料を引き下げることが必要になります。
    ですから薬局は何が何でも50%以上の妥結率は確保しなくてはならず、かといって仕入れ価格でどこまで譲れるかというところも大切なところです。
    問屋と薬局との駆け引きのようなものです。

  4. hisahides 2017/11/12 19:14

    もし万が一10月中に妥結率の報告提出ができないとなると、妥結率が低い薬局という評価を受けます。そうなると調剤基本料の引き下げを行わなければならず、薬局経営にも関わる重大な事態を引き起こしてしまいます。
    とにかく早く提出するに越したことはありません。10月20日ごろまでには提出できるような環境を作りたいですよね。

  5. yosinao_49 2017/11/13 8:25

    問屋の書類完成が5日ごろ、それから会社の印を押し提出するまでには5日から10日くらいがかかります。
    当薬局は毎年郵送で提出し、受領印を厚生局から返送してもらうようにしており返信用封筒も添えて提出しています。
    受領印は毎年15日前後となっていますよ。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ