• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

個人経営の薬局で働く薬剤師です。36協定における労働について何か説明はありましたか。

個人経営の薬局で働く薬剤師です。
ブラック企業という言葉を頻繁に聞き、また労働基準法などと言う言葉もよく聞きますが、医療業界では労働基準法が守られているところは極わずかだと思います。
薬局においては、1日8時間、週40時間労働の労働基準法が守られたとしても24時間の携帯電話や、夜間休日の呼び出しはどうなってしまうのでしょう。これらを行う事は時間外労働ではないのでしょうか。これには36協定が必要になると思いますが。
携帯電話を持っている間は常に電話を気にしており、いつ電話が鳴るかしら、いつ呼び出しがかかるかしらという事を気にしながら生活を送らなければなりません。
電話が鳴ればそれ相応の対応をしなければならず、とても休みという気持ちで過ごすことはできません。
皆さんの薬局で36協定について説明があるなど、労働時間について何かありましたか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. ryonosuke8 2017/11/18 2:21

    基準調剤加算の算定要件は24時間連絡が取れること、となっています。これをしなければ、薬局としての収入が確実に減るわけです。
    薬局側は、基準調剤加算を算定するためには24時間連絡が取れる体制は仕方がない事と言い、私たちもそれが当たり前と思っていますが、実際は違うのではと最近感じています。
    多くの薬局の場合、労働組合など存在しないでしょうから、労使関係、労使交渉などという事とは全く無縁かもしれません。
    薬局で働く従業員が集まって会社側に意見を述べることもあまりないでしょう。
    24時間の携帯電話の位置づけを知りたいです。

  2. etumi-64 2017/11/18 15:49

    チェーン店などの大型組織で働くと、労働基準法に従いしっかりと管理された上で働けるのだと思います。
    個人の薬局では、基本は労働基準法に従っていますが、それは患者さんによるところも大きいですし、また緊急事態になればそれが守られない、ということも珍しくはありません。
    患者さんの調剤に予想外に時間がかかり大幅な残業になってしまった、残薬を持参され残薬を数えていたら残業になってしまった、ということもありますし、何とも言えません。

  3. yuzuno_72 2017/11/19 1:15

    労働基準法や36協定を言うのであれば、24時間の携帯電話など辞めた方がいいと思います。
    このような仕組みを作り上げた国にも責任があるように思えます。

    薬局は点数がなければ潰れてしまうのですから、無理矢理にでも24時間電話を行い点数の算定に走ります。
    薬局を責めるのもおかしいと思います。

    あれもこれもと薬局に押し付けられている、としか思えません。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ