• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

疑義照会の回数を減らしたいです。投与期間の縛りがある薬を毎回長期で処方する医師がいます。

疑義照会の回数を減らしたいです。
向精神薬製剤には投与期間の縛りがありますが、そのしばりについての疑義を何度しても毎回毎回長期で処方される医師がいます。例えばリーゼやマイスリーは30日投与が限度ですが、他の薬と一緒に56日分や63日分で処方されるのです。

処方が出るたびに30日が限度です、と疑義をかけ30日分の処方変更になりますが、このやりとりを毎回毎回しています。もう疑義をかけなくてもいいのではないかと思いたくなりますし、疑義をかけることを大変面倒に感じてしまいます。

かと言って疑義をかけずに勝手に処方を変更するわけにもいきませんから、やはり疑義をかけるしかないのです。
コンピューターの中をしっかり変更してください!!と言いたくなります。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. masakatu60 2017/11/19 11:17

    30日分が限度の薬は、どんな状態でも30日が限度です。長期休暇や海外旅行などでも30日が限度となっています。
    お年寄りは大抵の方が眠剤を服用しており、30日限度の薬が処方されることが珍しくありません。
    ですので縛りがある薬については要注意です。最近はレセコンで判断してくれるので、限度以上の入力をするとエラーとして表示されます。
    レセコンで出るのは大変有難いですね。その場で修正できますから。

  2. kasumi78 2017/11/20 4:37

    先日、門前の医師より問い合わせを受けました。メンドンを28日分の処方で処方したいのだけれど、何かいい方法はないかと。
    メンドンは14日分の投与が限度ですから、それ以上の投与は保険が通りません、14日ごとに受診される必要があります、と伝え結局14日分で分2で処方されました。
    投薬時患者さんは、もっと長期の処方がいいと文句を言っていましたが、仕方がないですね、我慢してもらいました。

  3. hirotuna_c 2017/11/20 19:34

    メンドンは気を付けないと保険で切られます。
    実際長期旅行のため、という理由で28日分の投薬をして、保険で切られました。クリニックから薬局へ支払う事で解決という形になりましたが、今後このようなことがないよう念入りに見ていかなければなりません。

  4. katuko92 2017/11/26 22:17

    間違えが多い処方箋は、何度疑義をかけても間違えて処方箋を切ってくるものです。
    間違えがあれば患者さんも被害を受けるわけですから、患者さんにもお手伝いしてもらうのがいいと考えています。

    どういう間違えで、どういうことなのかを患者さんに説明し、処方箋を受け取った時に間違えがないかを確認してもらうのです。
    これにより間違えがだいぶ減り、疑義をかけることもなくなりました。患者さんに感謝です。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ