• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

ボンビバ錠の処方日数制限がなくなり安心しています

整形外科門前の薬剤師です。
ボンビバ錠100mgは2016年4月に発売になり、月1回の骨粗鬆症治療薬として頻繁に処方されるようになりました。
ボンビバはこれまで注射薬だけが利用されていましたが今回経口剤を発売することで、注射薬か経口薬かを選択することができるようになっています。
同じような薬でボナロンがありますが、ボナロンの注射は月1回ですが、経口剤は週1回の服用です。そのため、月1回の服用ですむというボンビバは、患者さんの負担を考えると第一選択肢となっているのです。
しかしながらボンビバ錠は新薬のため2017年5月までは処方日数制限があり、患者さんからのクレームが多いものでした。現在では2錠、つまり2か月分の投薬が可能なので、クレーム対応から逃れられ安心しています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. yosiyuki5 2017/12/05 2:20

    ボンビバ錠の日数制限が2017年5月に解除され安心している薬剤師です。
    ボンビバ錠は1錠でも1か月分のお薬ですので、新薬であっても1か月に1回の処方で済む薬です。しかし、患者さんは1錠の処方を嫌がります。
    手元に薬がないという事が不安なのでしょう。1錠しか投薬できない、という事に散々クレームがありました。どんなに説明をしても受け入れてもらえず、しまいにはクリニックへの通院をやめてしまいました。他のクリニックへ通われているかもしれません。

  2. karen6 2017/12/05 10:44

    ボンビバ錠は1錠2790円の薬価が付いています。そのため1錠でも患者さんの負担は、3割負担で薬剤料が840円、トータルで1200円から1300円くらいにはなってしまいます。
    1錠だけでこんな金額なの!と驚きと怒りを表す患者さんもいます。その場で、処方自体をキャンセルした患者さんもいたほどです。
    処方制限がある1年間は、投薬にもてこずることが多くありました。

  3. gaia_737 2017/12/05 22:04

    ボンビバ錠の発売から1年が経過し日数制限もなくなりましたが、1度に2錠の投薬をする患者さんはそれほど多くはありません。多くの患者さんは1錠で満足されています。
    月1回の通院で済むのですから、特別不満はないのでしょう。

  4. kiyone_2817 2017/12/06 12:06

    ボンビバ錠は月1回ですが、起床時に服用して1時間は水以外は何も口にすることができず、横になることもできません。

    それが患者さんを苦しめているようにも感じます。服用する時は、前日から気合を入れて1時間は何も口にしないようメモを書いて貼っておくそうです。

    明日は薬を服用する日、とカレンダーに記入はもちろん、上記のメモを冷蔵庫に貼り、患者さんなりに努めているのです。そのため、1錠しか処方できないと言われると、忙しい時は来れない、融通利かせてよ!!となるのかもしれません。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ