• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

診療報酬改定発表を気にしています。とにかく早い発表が欲しい!です

診療報酬改定発表を気にしています。平成30年の4月には診療報酬の改定があります。現在のところ薬価引き下げ、といういつも通りの発表しかありません。今後どのような発表があるのか、今回の改定はどうなるのか、医療関係者は皆、待っている状態です。

調剤における前回の改定では、将来を見据えたかなり大幅なものとなりました。在宅やかかりつけ、ジェネリック調剤比率、24時間対応など、これらにより点数の差をつけるという薬局の努力を問われる改定でした。今まで調剤基本料に関係する点数に差をつけるという事はあまりして来なかったのですが、ここに来て基本点数にも着手したという印象です。

おそらく今回の改定では、前回ほどの大きな改定はなく前回のものを手直しする程度と思われますが、とにかく早い発表が欲しいものです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. takaos 2017/12/10 22:06

    まだ、噂でしかありませんが様々な噂が飛び交っています。
    後発医薬品調剤体制加算は、一本化されるということ、基準調剤加算の在宅の件数は年間12件以上ということ、集中率の定義が変更になるということ、電子お薬手帳の端末設置などが取り上げられています。
    後発医薬品調剤体制加算の一本化となると、現在65%で18点・75%で22点となっているところが、70%で点数がつくという事でしょうか。それとも75%でやっと点数がつくという事でしょうか。
    また、集中率はチェーン店に的を絞ったものとなるという話や医療ビルに関するものが出てくるのではという話もあります。

  2. eisin_kawanisi 2017/12/11 3:37

    後発医薬品調剤体制加算が現在68%の薬局に勤めています。国の目標は、平成30年で70%という事を数年前に聞いています。

    そのため、現在当薬局でも2年前の65%からなんとか現在の68%まで引き上げました。
    後2%は何とか頑張らなければと思っているところです。
    ところが、もしこの点数取得の条件が70%ではなく75%になるとすると、完全にお手上げです。今回4月から算定することは無理と言わざるをえません。

    という事は薬局の収入が減るという事です。処方箋1枚につき18点ですから、月の処方箋枚数を掛け算すればどのくらいマイナスになるのか、考えるだけでもゾッとします。

  3. arina_31 2017/12/11 14:22

    集中率の定義も注目ですね。医療ビルに関与する点数改定となると、多くの薬局が打撃を受けます。
    そのため、直ぐに改定とはならなくても徐々に段階的に着手となるかもしれません。
    また、後発医薬品調剤体制加算については、今以上に厳しくなることは確かでしょう。薬局だけの努力だけではどうにもならないという割合の領域に到達しているとも考えますが、いかがでしょうか。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ