• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

高齢者の多い薬局。服用間隔に注意して服用するよう指導しています

高齢者の多い薬局で働いています。
服用を忘れてしまった時にはどうしたらよいかと患者さんからよく聞かれます。

服用間隔に注意して服用をしなければなりませんから、一般的には気づいた時に服用で1日3回の薬であれば間隔を4時間以上あける、1日2回の薬であれば6時間から8時間くらいあけると話をしています。ただし、2回分をまとめて服用することは絶対にしないよう十分に注意喚起をしています。

服用方法が特殊な薬、例えば骨粗鬆症の起床時の薬などは、翌日に服用と伝えています。ベイスンなどは食事の直前でなければ意味がありませんから、食事中であればその場ですぐ服用、食後であればその分はとばすと話をしています。
患者さんの残薬の量を考える限り、飲み忘れが随分頻繁に起きていることがわかります。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. mutuko36 2017/12/20 18:37

    骨粗鬆症のお薬は週1回や月1回などというように服用間隔があいているものが主流となっています。
    この薬と併用してアルファロールやワンアルファが処方されることも多く、毎日服用する薬と週1回服用する薬との併用も珍しい事ではありません。

    服用をしていない私からみると、患者さん皆さん良く服用しているなぁと感心してしまいます。
    特にお年寄りの方は、それ以外にも薬が多く処方されている方も多いですから、服用方法が特殊であるということはそれだけ神経を遣うのではないかと考えます。

  2. kiyomori_422 2017/12/21 1:41

    服用が特殊な薬、例えばボンビバやボナロンなどのような薬は、服用忘れを防ぐため皆さん工夫されています。
    カレンダーに服用日を記載することはもちろん、服用日の朝の目覚ましを変えているという方もいらっしゃいます。前日から用意をしているということです。
    また、朝の歯磨きで気づくように歯磨きの棚に予定表を貼っているという方もいます。
    服用初めの頃は意識して服用するでしょうが、慣れてくれば飲み忘れも増えるでしょう。服用を続けるという事の大変さを改めて感じさせられます。

  3. aoba_a 2017/12/21 16:26

    週1回でも忘れるのですから、月1回であればもっと忘れますよね。
    気づいた時に服用となりますが、毎月しっかりと来局される方は本当にすごい!と感じます。
    服用忘れがあれば、処方間隔も少しずつ伸びていきます。それがないという事は、正しくしっかりと服用できているという事です。

  4. aone_57450 2017/12/22 0:46

    お年寄りでこの週1回、月1回の服用ができるというのは、すごいことだと思います。
    投薬している私たちは、当たり前のように簡単に投薬をしていますが、服用している患者さんがどれだけ努力して服用をしているのか。それを考えると頭が下がる思いです。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ