• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

食事アドバイスはパンフレットが重宝します

薬の服用をこれから開始する患者さんに多いのですが、薬を服用しないで済む方法はないでしょうかと質問をされます。
薬を服用し始めたら一生服用しなければならないと考えている方が多いですから、皆さん真剣に聞いてきます。

自分が薬を服用しなければならない状態であるということに、ショックと落ち込んでいる方もいます。
今後も服用を続けなければならないかどうかは、ご本人の努力次第と医師に言われた人もいます。
服用を始めるという方には、食事のアドバイスとして製薬会社提供のパンフレットをお渡ししています。

それぞれの症状別に食事についての注意点などが記載されていますので、大変重宝しています。
当薬局では、10年以上同じ製薬会社のパンフレットを利用しています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. akika6 2017/12/21 10:27

    服用してください、と初めて言われたらショックでしょうね。それが糖尿病や高血圧、高脂血症などのいわゆる生活習慣病というものであれば尚更だと思います。

    この種の薬の服用開始時にはみなさん、本当に服用しなければならないのか、服用しないという手段はないのか、次の検査まで努力ということは駄目なのかなどなど薬局で不満をぶちまけていきます。服用が嫌で嫌で仕方がない、もしかしたら服用しなくてもいいのではないか、諦め切れないなどという思いが強く伝わってきます。

    投薬時間も長くなりがちですが、とにかくは食事に気を付けることと話しています。当薬局には栄養士はおりませんので、製薬会社の料理別塩分表などをお渡ししています。

  2. ayataka_97 2017/12/21 21:49

    食事のアドバイスが欲しいと患者さんから言われますが、専門家ではないので詳しいことは言えません。野菜を多めに摂る、運動をするなど在り来たりの事しかいう事ができず、申し訳ないとも感じています。
    後は食事のパンフレットをお渡しする程度です。

  3. ayuka_626 2017/12/22 13:59

    重度の糖尿病の患者さん60代女性が、入院されました。白内障の手術のための入院でしたが、糖尿病の食事指導も併せて行ったようです。

    退院後は見違えるほどに痩せられ、ご本人も食事の勉強になったと大変喜んでいました。
    あんなにボリュームがあるのに、これだけのカロリーになるの!と驚きの連続だったそうです。

    工夫次第でどうにでもなるのねと、食事作りに意欲が湧くとも話されていました。
    退院後数か月が経過していますが、今でも痩せ続けているように見受けられます。

  4. kimiya-798 2017/12/22 19:56

    料理が好きな方は自分で工夫をすることができますので、努力次第では大きな成果を得られるのでしょう。
    逆に男性は料理ができない、できても偏ったものだけとなる方が多いため、食事で何とかするというのは難しいとも考えます。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ