• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

レセプト審査が厳しいと感じています。返戻になる理由に驚かされます。

ラキソベロン内服液のレセプト記載を内服用滴剤とのみ記載しレセプトを提出していたところ、何滴使用するのか1回の用量を記載するよう指導があり返戻になりました。
1回10~15滴と記載し再提出すると、今度は1日のうちのいつ服用するのかと、再度返戻になりました。

便秘時に服用するのか、それとも寝る前に服用するのかということを記載しなければならないということです。
便秘時寝る前と記載し再度提出をし今のところ再度返戻にはなっていませんが、保険審査が以前に比べて随分と厳しく細かくなったと感じています。

この返戻になった患者さんは一度にラキソベロン液が40ml処方されており、その他にもプルゼニドが処方されています。
これらを総合的に考えると、1度に処方される量が多い患者さんのレセプトを主に返戻にしているように感じます。

最近の返戻について何か感じることはありますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. atunori_49056 2018/01/16 2:09

    保険審査では、過剰投与について厳しく突いてきます。それが最近、特に厳しくなっていると感じています。
    風邪薬で頓服の咳止めが処方されると、内服5日分に対して、頓服は14日分迄処方可能となっています。
    15日分にすると1日分を切られ、14日分しか入金されないという事態になっているのです。
    以前はそのような事はなく、保険審査もスムーズに通過できていたのですが・・・。
    社保の審査が厳しいと言われていましたが、最近は国保も同じように厳しくなっています。

  2. hirohumi-490 2018/01/16 21:54

    外用剤の調剤料もしっかりと審査されており、当薬局では減点されてしまいました。
    例えばモーラステープの20mgと40mgが同時に処方された場合、調剤料を10点×2つ算定すると、10点マイナスされ入金は100円のみです。
    この場合は返戻にもならず、否応なしにマイナスです。
    これは内服でも同じことが言え、例としてデパスの0.5mgと0.25mgの服用法が異なるため、調剤料を2つ算定すると減点になります。また、向精神薬加算も減点になります。

  3. rensyo_969 2018/01/17 22:12

    保険自体の資金に余裕が無いため、いかに減点するか、いかに保険の支払いを減らすかを様々な角度から見ていると感じます。そして、何かあるとすぐに返戻という手段を利用します。
    それは仕方がない事だと思いますが、あまりにも簡単に返戻するというのはどうなのか、と感じます。
    返戻をすれば、医療機関の収入はその分減るわけですから、それを十分に考慮して欲しいですね。
    高額なレセプトも簡単に返戻されると本当に困ります。事前に一本連絡を入れるなど、何か手段を取って欲しいと考えます。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ