• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

ドグマチールの副作用に気づくことが多いと感じます。

ドグマチールを投薬しています。
ドグマチールの副作用に乳汁分泌とあります。ホルモンに作用する薬のため、プロラクチン値の上昇から乳汁分泌や胸が張る、また無月経になるケースも考えられます。

実際、男性の患者さんで胸が張って来たという方がおり、服用中止になりました。
女性の患者さんでは、生理が止まってしまった、という方がおり、こちらも服用中止です。
それ以外のドグマチールの副作用として、体重増加があります。食欲を増加させる働きもあるので、どうしても食べ過ぎとなります。

体重増加であれば、余程ひどい増加でない限り服用を中止することはありません。副作用よりも、症状改善の方が優先されるためです。
ドグマチールを投薬していると、患者さんの体型変化に気づくことも多いです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. yosiziro_5 2018/01/21 6:01

    ドグマチールの副作用で最も頻度が高いものは、体重増加です。食欲亢進の作用があるので気づいたら食べてしまった、食欲が抑えられないということになるようです。
    あまりにも急激に体重の増加が見られたり、本人から体重増加により困るなどという訴えがない限り薬の服用は続けられています。
    処方が変更になると、ジェイゾロフト、サインバルタなどが処方されています。

  2. moeko-i 2018/01/21 23:15

    ドグマチールの副作用には錐体外路症状もあります。自分の意思とは関係なく体が勝手に動くことで、指先の震え、口をもごもごさせるなどです。
    これらの症状により服用中止になる場合と服用を続けながら副作用を抑える薬も同時に服用する場合があります。
    抗コリン作用のあるアキネトンやアーテンの服用により、錐体外路症状を緩和させることもあるのです。
    他の抗うつ剤にみられる眠気や吐き気、ふらつきの頻度は低いと言われています。

  3. madoka-380 2018/01/22 16:53

    ドグマチールの副作用で多いのは、やはり体重増加です。
    患者さんの体型を見ていると徐々にふっくらとしてくるのがわかります。

    特に女性の患者さんは非常によくわかります。
    本人は気にしないのか、とこちらが心配になるくらいふっくらとしてきます。
    薬が変更にならないという事は、本人の症状はそれだけ重いとも考えられます。

  4. itizo_9 2018/01/23 1:43

    他の薬剤に比べると副作用は軽度であるため、処方しやすいと言えるのだと思います。また、長期に処方しやすいという事ができるのでしょう。
    ただし、錐体外路症状やプロラクチン値の上昇から乳汁分泌や胸が張るなどの副作用には注意が必要です。女性の無月経にも配慮が必要で、女性同士でしか話せないということもあるかもしれません。
    患者さんは女性である薬剤師にしか話せないこともあると考えられますので、できるだけ話を引き出せるよう努めることも大切です。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ