• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

雇われの管理薬剤師です。在庫削減を指示されていますが、なかなか上手くいきません。

在庫削減を経営者から指示されています。
しかし、なかなか上手くいかずにもがいています。

一番簡単にできる方法として、包装単位を小さくするということ、1000錠包装ではなくできるだけ100錠包装、もっと小さいものがあれば小さいものを選択するようにしています。
もちろん、日々100錠単位で処方されている薬は1000錠包装で購入をしますが、それ以外はできるだけ最小包装を選択します。

これだけでも、在庫金額はかなり抑えられるはずです。
また、高額薬が処方されている患者さんの薬をそろえなければいけない月は、それ以外の薬の在庫を少なめに抑えるよう努めています。
ただし欠品があると困るので、そこは注意が必要ですが。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. ikkyo_20152 2018/02/23 1:28

    オーソライズドと先発品が同じ薬、中身が同じという事なので、オーソライゾドがある薬は先発品を在庫しないようにしています。
    患者さんの中には先発品でなければイヤだと怒る患者さんもいますし、先発品を用意してくれないなら他の薬局に行くと話される方もいます。
    しかし、それは仕方がないと割り切っています。
    薬局としてこれ以上無駄な在庫を増やすことはできないですし、薬局の経営にも関わってくることです。ですから、患者さんには先発品とオーソライズドを正しくわかりやすく説明をしています。無理矢理ですが納得してもらっています。

  2. kiminari_83 2018/02/24 1:33

    在庫を減らしたいということを考えると、ある程度患者さんにも協力してもらわなければなりません。常に患者さんの要望を聞いていては、在庫を減らすことはできませんね。どこかで線引きが必要です。

    また、処方箋枚数は多ければ技術料や基本調剤料など利益は増えますが、在庫も同じように増えますし薬の支払いも増えます。人件費も増えます。枚数を程々に門前薬局としての機能で経営することが、最も経営的には利益が取れると考えます。

    無駄な在庫も発生しませんし。難しいですけどね。

  3. huminori_9950 2018/02/24 23:38

    長期休暇前はどうしても在庫が過剰になります。欠品が出ないようにと考えると、余計に在庫することになります。
    長期休暇前は、通常30日処方の方が40日や45日と処方日数が延びますし、駆け込みの患者さんも増えます。風邪の患者さんなども増えますので、在庫は通常の1.3倍くらいに膨れ上がります。
    もちろん金額も比例します。
    経営者から在庫の金額についてチェックが入る時は、大抵年末年始の一番忙しい時です。
    忙しいあまり、在庫管理に甘さがでるのでしょうね、自分に言い聞かせながら、在庫金額を抑えることを心がけています。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ