• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

注射の在庫に苦慮しています

注射の在庫に苦慮しています。
注射が処方される患者さんは当薬局ではそれほど多いわけではないのですが、通常10人前後が注射の処方となっています。

それぞれ皆処方される注射が異なり、また処方医も異なるため、いつ処方が変更になるのかわからず、そのため在庫を揃えることに苦慮しています。
また、注射の機能や保管などの問題から問屋さんへの返品は不可であるため、一度薬局在庫とすると患者さんに処方されない限りは不動在庫、最悪破棄となってしまいます。

他の薬局に転売も考えますが、注射はどこの薬局も在庫することを嫌がりますのでなかなかスムーズに転売することもできません。
注射の在庫管理の難しさに苦労しています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. akikage-250 2018/03/04 1:50

    患者さんにとって注射は命をつなぐ大切なもの、という認識が特に強いです。
    他にも大切な薬はありますが特に注射はその思いが強いと、患者さんを通して感じています。
    そのため処方箋を持参されて注射の在庫がない、というとものすごい勢いで怒りだします。初めて来局される患者さんで、注射がないというと他の薬局へ必ず行かれます。内服薬であれば入荷を待つということもありますが、注射に関しては待つという事はほぼありません。
    自宅に在庫を余程ストックしている、余裕のある患者さんでない限りは待つという事はありません。
    注射における患者さんの意識、薬局の事情、これをすり合わせるのは難しいことかもしれません。

  2. mitunari_tosa 2018/03/04 5:13

    大学病院などでは注射の処方は多めに出すことが当然のようになっています。もちろん針も多めです。
    そのため、大学病院の処方箋を持参される患者さんは比較的、自宅に在庫している注射に余裕があるため薬局の事情を聞き入れてくれます。

    一方、クリニックなど小さな医療機関から注射が処方されている患者さんは、処方がギリギリの注射本数であったり、手元の注射がギリギリにならない限り本人が受診しない、などの理由により余裕が無いことが多いと感じます。

    そのため、クリニックから注射が処方されている患者さんは、在庫がないというと怒り出す方が多いのではないでしょうか。

  3. asa_isumi 2018/03/04 10:45

    大学病院は診察が予約のため、それに合わせて注射が処方されます。が、予約日が処方日数より早いと、注射が手元に余るようなことも起きています。
    そのため、患者さんの中には手元に10本も注射がある、という方もいます。自地震が起きるかもしれないし、具合が悪くて受信できないかもしれない、そのような時のために予備として確保しておきたいと話されます。そうでないと不安になるそうです。
    ただし、期限があるものですから、その確認が必要であることは伝えています。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ