• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

お薬手帳持参点数について不満があります。薬局によって異なる点数制度に反対。

お薬手帳持参点数について不満があります。
お薬手帳の持参有無により薬剤服用歴管理指導料の点数が異なることは、患者さんにかなり浸透してきたように感じています。

しかし、この持参によって点数が異なること、患者さんの負担金が異なることは、調剤基本料1を算定している薬局に限ったことです。
調剤基本料1以外の薬局に関しては、手帳を持参しようとしなかろうと同じ点数の算定です。
この違いを患者さんは理解することができるでしょうか。

私達薬局勤務者が見れば、ある程度は調剤基本料1の薬局か否かという事はわかります。
しかし、おおよそであり正確にはわかりません。
それを患者さんに理解しろというのは無理があります。

患者さんからのクレームにもなり得るわかりづらい制度は、廃止して欲しいですね。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. kana_98747 2018/03/07 3:58

    調剤基本料1の薬局における薬剤服用歴管理指導料は、お薬手帳を持参していれば38点、持参していなければ50点です。これが4月以降は、それぞれ41点と53点になります。

    一方、調剤基本料1以外の薬局においてはお薬手帳の持参有無に関係なく50点、特別養護老人ホームでは38点です。4月からは53点、41点になります。
    薬剤服用歴管理指導料にお薬手帳の有無が組み込まれること、持参有無で点数に変化があること、これはここ10年くらいの算定方法と言えます。

    しかし、薬局によって手帳点数が異なるというのは、前回の改定で初めて導入された試みです。それが今回の改定でも引き継がれるという事は、今後ずっと続く制度になると考えなくてはなりません。

    制度に従うしかない立場であるのが、薬局です。患者さんのクレームも上手く受け止めながら、何とか乗り越えなければなりませんね。

  2. imaru_2 2018/03/08 4:48

    お薬手帳を忘れるとお薬代が高くなる、前回の改定時にこのことを患者さんに伝えた時の反応は大変なものでした。
    もちろん素直に受け止める患者さんもいましたが、多くの患者さんはその制度に怒り出しました。どういうことなのか意味がわからない、説明をして欲しいと文句の嵐が続いたものです。
    それから2年が経過し、やっとその制度に慣れて来たところです。
    今回の改定で前回の制度が引き継がれたこと、とりあえずホッとしています。
    薬局によって違いがあることは、患者さんも気づいているはずです。お薬手帳だけではなく、調剤基本料の違いを患者さんから指摘されたこともあります。
    制度、患者さん、薬局と全てが上手く付き合えるよう、立ち振る舞わなければならないと考えます。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ