• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

基準調剤加算を算定しています。地域に根差すという活動の限界。

基準調剤加算を算定している薬局で勤務しています。

基準調剤加算の名称が変更になると聞きました。基準調剤加算から地域支援体制加算になるとの事です。

改定後の点数は35点と3点プラスになるようですが、今までと同様の算定条件なのでしょうか。

今以上に地域に根差すという活動は、体力的に無理があります。24時間の調剤体制、24時間の連絡受付、休日出勤、訪問看護ステーションや老人施設との打合せ、在宅訪問などなど。
とにかく薬局で処方箋を処理すること、それ以外の仕事に毎日追われています。

これ以上は、地域に根差すと言っても無理です。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. aino_3434 2018/03/07 11:08

    基準調剤加算から地域支援体制加算に代わることは確かです。
    しかし、基準調剤加算1を算定している薬局であれば、何も大きな変更はありません。これまで同様、麻薬小売業の免許・在宅の実績・かかりつけ薬剤師届け出となっています。
    備蓄品目数についてや在宅の実績など詳細はまだ発表されていませんので、今後の発表に要注目です。

  2. moena_9 2018/03/07 14:35

    今回の改定からヒヤリ・ハットの報告が追加されるとのうわさがあります。
    そのため、ヒヤリ・ハットの業界団体への申し込みが殺到しているとも聞いています。申し込みをする薬局の数が多く、手続きが追いつかないそうです。
    実際このヒヤリ・ハットがどのようなものになるのか、未だ発表はありません。
    実績の報告ということも聞いていますが、報告件数はどのくらいとなるのでしょう?
    蓋を開けてみなければわからないことは確かですが、分かってから動き出しては遅いということもあります。

  3. takamiti_20173 2018/03/08 3:08

    基準調剤1を算定する薬局であれば、今までと大きくは変わらないということですので少し安心しています。
    基準調剤加算、今後は地域支援体制加算は、処方箋1枚の受付につき算定できる点数です。
    そのためこの点数が算定できないということになると、薬局にとっては大打撃です。現行32点で、これが処方箋枚数分加算されるわけです。
    この点数がなければ薬局として経営できないと言っても過言ではありません。

  4. taiyu_42 2018/03/08 6:06

    基準調剤加算は点数が大きいだけあって、算定要件も厳しいものです。
    医薬品の備蓄数、在宅の体制、24時間の調剤体制、福祉サービス等との連携、そしてかかりつけ薬剤師の届け出と、とにかく目いっぱい詰め込まれています。
    これができる薬局は、ある程度規模の大きい薬局でなければできません。
    当薬局では何とかやっと算定出来ているという状態です。これ以上算定条件が厳しくなれば、算定出来ないことになりかねません。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ