• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

在宅訪問を行っている薬局薬剤師です。在宅の考え方が見直されますね。

在宅訪問を行っている薬局薬剤師です。
在宅点数算定における考え方が改定になりますね。
平成30年4月からは、今までのような同一建物居住者であるか否かという考え方や同一日の訪問という考え方は、排除されます。
今後は、単一建物の訪問患者が何人なのか、同一月に訪問指導をした人数がどのくらいなのかという考え方に変更になります。
つまり、単一建物の訪問患者が一人なのか、二人から九人なのか、十人以上なのか、ということで点数算定となります。
まさに、施設の在宅訪問を狙った点数ですよね。しかも十人以上であれば、点数は引き下げとなります。現在の点数から約10点マイナスです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. yukio-610 2018/03/08 22:52

    大きな施設でも在宅訪問患者数が、その戸数の10%以下であれば患者数1人と考えます。
    また、施設の全体戸数が20戸未満で患者数が2人以下の場合も患者数1人と考えます。
    患者数1人の場合が一番点数が高いのですから、どの薬局も今後点数の取り方を考えてくることでしょう。
    一つの施設でも何人までは在宅訪問をしますがそれ以上はやりません、というように。
    そうなると、一つの施設にいくつかの薬局が入り、仕事を分担するようになることも考えられますね。施設と薬局との折り合いが必要となって来ると思います。

  2. tatuhisa_85287 2018/03/09 10:13

    当薬局も施設の在宅訪問を行っています。
    ただし、約60戸あるうちの3戸のみの担当です。元気な方が入居されている施設ですので、入居者全てに在宅が必要ではないのですが、それでも在宅が必要な患者さんは3人では留まりません。少なくても10人くらいは在宅を必要としているようです。
    当薬局が担当している患者さん以外は、他の薬局が在宅訪問を行っています。当薬局だけではとても対応しきれないため、他の薬局にも対応してもらっています。
    当薬局にとっては、同一日の算定より同一月の人数で算定、と言う方が有り難いです。

  3. takatosi_67491 2018/03/10 0:02

    特に施設の在宅においては、施設からの要望や苦情の対応も薬局として必要になって来ます。
    薬局と患者さんとの間に挟まれている施設は、入居者のご家族などの対応など多くを抱えています。そのため、薬局への要望やクレームなども頻度が高まるのです。
    訪問時間はこの時間でなければ駄目、この日は施設のイベントがあるので訪問は遠慮して欲しいなどなどです。
    薬局の訪問希望日と施設の希望日が合えば問題はないのですが、合わないと調整に苦労します。
    施設の訪問は簡単そうに見えますが、実は決まり要望が多く大変なのです。個人宅の訪問の方が、気持ち的にはずっと楽です。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ