• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

ゾフルーザの有効性についてどう思いますか?

インフルエンザの主な治療薬と言えば「タミフル」「リレンザ」「イナビル」「ラピアクタ」ですが、今度「ゾフルーザ」が発売しますよね。

タミフルの1日2回5日間から解放され、さらにイナビルやリレンザなど吸入する手間もなく1回だけ服用すればOKと言うことでとても注目を浴びています。
ただ、僕としてはゾフルーザがタミフルやイナビルに対して耐性を持っているウイルスにも有効なのかとても疑問です。

薬局に来て、その薬をその場で飲めば終了!と言うのは患者さんにとっての負担も減りますし飲み忘れなども回避できます。ただ、やはり小児などその場ではどうしても飲めない患者さんが出てくるのもいると思うので、その時はどのように対処すればいいのか、など疑問だらけです。
まだ発売していないので未知数な部分もありますが、どう思いますか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. yuitora_3680 2018/03/15 18:11

    すごい薬が開発された、と正直に思いました。
    作用機序が既存薬と異なる点も注目ですが、何より一回服薬するだけでいい点が何よりも優れていますね。
    特に小児では、タミフルでの苦み、イナビルでの吸入ミスなど服薬に支障が起きることがあったので、それらが解消されると期待しています。
    ただ、新作用機序なので、既存薬では無かった副作用が市販後に出てこないか、そこが心配ですね。

  2. kanta_9872 2018/03/16 1:27

    患者さんにとっても、服用回数が1回で対処できるのであればとても助かる人が増えてくると思います。
    ただ、タミフルでも副作用で異常行動を起こす可能性がある年齢層のお子さんを持っている親御さんからしたら、正直どうなんだろう?と不安になる部分があるはずです。
    その部分を薬剤師としてどれだけサポートしてあげられるか、そこがこの薬をスムーズに提供できるかどうかカギを握っています。
    副作用がどの程度の割合で出てくるのか、患者さんに説明しなくてはいけないので、発売前から情報を集めておかないといけない気がします。

  3. yasunori-915 2018/03/16 16:40

    発売する時期は正直インフルエンザが蔓延している時ではないので、警報レベルの時にどこまで効果が得られるかまだ分かりませんよね。
    でも、この薬がタミフルよりも使いやすくなったら、患者さんにはもちろん、薬局としても在庫管理がとても楽になると思います。
    有効性は実際に患者さんに服用して貰って経過観察していくしかないと思いますが、私は薬価がとても気になりますね。
    タミフルやリレンザ、イナビルと同等なのか、1回だけと言うメリットがあっても薬価が高過ぎたら患者さんの受けが悪いかもしれませんし。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ