• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

後発医薬品調剤体制加算に注目しています。比率は伸び悩み。

後発医薬品調剤体制加算に注目しています。
後発医薬品調剤体制加算は、現在65%以上と75%以上の2段階であり、それぞれ処方箋受付ごとに18点と22点を算定できることになっています。
しかし、今度の改定で見直しが入ることは間違いなさそうです。
政府の目標が2021年には80%以上と掲げられており、そのため、それに近づけた数字を提示してくることと思われます。
現在、当薬局では後発医薬品調剤体制加算65%以上の18点を算定しています。しかし、最近はこの数字も頭打ちの状態です。患者さんがジェネリックを嫌がるという傾向もあり、なかなかジェネリック比率が伸びてきません。今以上に高い数字比率を求められれば、後発医薬品調剤体制加算を算定することはできません。経営への影響も懸念されます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. kazuna_3808 2018/04/21 0:36

    ジェネリック比率の伸び悩み、わかります。当薬局も同じです。薬局だけの力では、限界があると感じています。

    ジェネリックに変更しましょうと患者さんに提案をしても、患者さんがいいですよと言わなければジェネリックに変更することはできません。
    患者さんはジェネリックは良くない、先発品に比べ劣ると思っている方が多数いらっしゃいます。
    この知識は、テレビや雑誌などのマスコミ、また医師からの情報であることが多いようです。

    ジェネリックを推奨していない医師は患者さんへ、自分はジェネリックを勧めないと回答しているようです。
    これでは患者さんも怖くてジェネリックを希望できません、医師の診断を受けるためにも先発品を希望しますよね。

  2. tizu_taki 2018/04/21 11:41

    大学病院や総合病院ではジェネリックをかなり推奨しており、ほとんどの病院が一般名またはジェネリックでの処方箋となっています。
    問題は個人のクリニックです。ジェネリックへの変更不可にレ点が付いている処方箋は、ほぼ個人クリニックです。製薬会社との利害関係があるのか、または本当にジェネリックの安全性や有効性を考えているのか、その点は計りかねます。いずれにせよ、レ点をつける処方箋にはペナルティを付けるなど何かしらの措置が欲しいと考えます。
    薬局だけでは太刀打ちできない、という事を考慮した点数設定にして欲しいと思います。

  3. rieko_3 2018/04/21 21:02

    ジェネリック比率68%から伸びません。
    ある程度数量が出ている先発品は、ほぼ全てジェネリックを在庫しています。あとは、患者さん次第、また処方箋次第というところです。
    であるにも関わらず、このジェネリック数値目標を薬局だけに課すというのはおかしい、とも考えます。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ