• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

おむつかぶれに処方された薬がステロイドから抗真菌薬に変更した時の説明。

乳幼児のオムツかぶれで弱ステロイドが処方されることはありますが、カンジタ皮膚炎の可能性ある場合に抗真菌薬が処方されることがありますよね。
先日、今までオムツかぶれで弱ステロイドを使っていたお母さん方に「オムツかぶれではなくカンジタ皮膚炎のようなので、ステロイドはやめて抗真菌薬を使ってください」と説明した時に「なんで医者なのに症状を見間違えたんですか?薬剤師も知識があるなら、なぜ見落としたんですか?」と言われてしまいました。
完全に八つ当たりですが、そうとも言えず取りあえず「ドクターが診断をされ処方をしたので、それに基づいて薬剤師は薬が適当なものなのかを判断させていただきました。症状に関しては薬剤師は判断できないので、申し訳ありませんが今回からはこちらのお薬でお願いします」と謝罪しました。
それでも納得いかないお母さんに対して、どのように説明すればよかったのでしょうか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. yosio_27605 2018/05/23 20:15

    私も経験がありますよ~。こういう場合は少し気まずい感じもしますよね。
    私であれば、おむつかぶれとカンジダ皮膚炎は見分けが難しい事や、当初はおむかぶれだったものが、弱ステロイドを利用している時に増加してしまった可能性、
    また人間の身体にはもともとカンジダが居るので、今回はそれが運悪く増殖してしまった可能性を伝えてみるようにしています。
    そのお母さんも子供が早く治って欲しいと願って受診されたのでしょうから、その気持ちを疎かにせずに対応することが重要だと考えています。

  2. itinosuke-b 2018/05/24 14:02

    医者でもぱっと見判断しづらいらしいので、薬剤師が診て判断出来なくても仕方ないと思います。
    大切なのは、起こってしまったことに対して薬剤師としてどこまでフォローできるかです。
    オムツかぶれはお子さんのいる薬剤師なら症状を見てピンとくる人もいるかもしれませんが、やはり子育て経験が無い薬剤師にとっては子供の皮膚疾患に関して情報が乏しいこともあるので医師の判断に任せるしかないと思います。

  3. setuo_52793 2018/05/25 12:23

    お母さんもステロイドで治ると思ったのに悪化したらびっくりしますよね。
    でも、その状況下のまま放置するのではなく受診したので、その不安な気持ちに共感して払拭させてあげることが大事だと思います。
    なぜステロイドで悪化してしまったのか、今後どのように対処していけば改善するのかなど、お母さんが聞きたいと思っている事に対して答えてあげるといいと思いますよ。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ