• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

診療報酬改定の届出書類、処方箋コピーなどは不要なのですね。

60代薬剤師です。先日、診療報酬改定にあたり、厚生局へ書類を提出しました。調剤基本料などに変更があればより多くの書類を提出しなければならないのでしょうが、当薬局は調剤基本料1で変更がありません。

そのため書類作成は、地域支援体制加算を算定するために提出しています。この地域支援体制加算の書類には、麻薬小売業者免許証番号や在宅患者の実績、薬剤服用歴管理記録の作成や整備状況について詳細を記入します。

それ以外に、実際作成した薬歴簿と処方箋をコピーして提出することになっています。これが例年の流れでしたが、今年は処方箋のコピーは不要ということでした。時代はだんだんと書類を不要としてきているのですかね。

高齢者の薬剤師は時代についていけるのでしょうか、と不安になります。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. kanako-260 2018/05/24 12:52

    現代では電子薬歴は当たり前、電子お薬手帳も浸透しつつあります。
    電子処方箋も導入されるような取り組みが始まっています。
    また、遠隔地の診療ではスカイプを利用したものも始まっています。
    次々と電子化が導入されていますが、私たち年寄りは、やはり紙がいいと考えてしまいます。
    お薬手帳も電子化になっていますが、紙の方が見やすく簡単です。操作が要らないのですから。
    若い患者さんはスマホでお薬手帳を持参されますが、スマホが使えなくなった時どうするのでしょう。いざという時に困りますよね。
    それこそ震災などでスマホが利用できない時は、どうするのでしょうか。

  2. kiyo_nagakute 2018/05/25 7:38

    スマホでお薬手帳を管理されている方は、お薬手帳の重要性をそれほど認識されていないのではないかと思います。
    お薬手帳を持参、と言われるからスマホで携帯している、くらいにしか思っていないと思います。
    しかし、震災などでスマホが使えない状況でも困らないようにしなければならない、と考えている方は従来のお薬手帳を利用しています。
    電気が使えないという状況を見越し、管理されているのだと思います。

  3. takamitu_3002 2018/05/25 14:47

    当薬局では、スマホお薬手帳を見れる機械を導入していません。
    スマホをタッチするだけで内容を確認できるようなのですが、これを一体どのくらいの薬局が導入しているのでしょうか。
    タッチしてもらっても、それを確認するために薬剤師1人必要です。他の作業を中断して、この確認を行なわなければなりません。
    紙のお薬手帳であれば、一度預かればこちらの都合でお返しできます。
    もちろん投薬するときにはお返ししますが、融通がききます。
    患者さんにとって電子化はいい事かもしれませんが、薬局としてはあまりいい事ではない、と思います。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ