• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

40代の薬剤師です。仕事の目標はなく、収入が得られればそれで構いません

目標と言われると家庭や子供の目標になってしまいます。子どもを育て上げるために仕事をしているのであって、自分のためではありません。自分のスキルアップや目標など考えたこともありません。収入を得ることで精一杯です。
子育てをしながら、子どもの将来を考え、家庭の現状を考え、とても自分について考える余裕はありません。生活のための仕事です。
収入が得られればそれでいいと考えています。皆さんはどう思いますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. karurosu_16 2017/07/10 11:12

    日々子育てに追われていると、自分の事を考える余裕もなくなってしまいます。
    子どもの学校について、子どもの生活について、子どもの性格について、子どもの将来についてなど、すべてが子どもです。それ以外は考えられません。
    薬剤師として働く多くの女性は、収入のために薬剤師をしています。自分のスキルアップを考えて仕事をしている人は、ほんの極々わずかだと思います。

  2. harunosuke 2017/07/10 17:53

    全てが子ども一色では、子どもの感じる負担が大きくなってしまうのではないでしょうか。
    こどもを自由にさせること、こどもに考えさせることも大切です。こどもの将来についても子供自身が考え、行動することがなければ、押し付けられたと感じてしまいます。
    そうならないよう、親がこどもから離れることも必要と感じます。

  3. taira_1 2017/07/10 23:35

    子どもが頑張るためには、親も頑張らなければなりません。
    親が仕事で目標を持って頑張っている姿をみせれば、自然と子供も目標を持つという事を覚えるでしょう。それに向かって進むという事がどういうことなのかがわかるでしょう。

  4. yuki_kawagoe 2017/07/11 1:33

    心療内科にかかる患者さん親子を見ていると、子どもが成人していても全てが親主導になっていると感じます。(患者さんは子供です)処方箋を持って来るのも親、投薬を受けるのも親、支払いも親、薬を持って帰るのも親です。成人した子供は、親の後ろをただついて歩くだけです。
    その姿を見ていると、何とも言えない気持ちになります。
    親は一生懸命のつもりなのでしょうが、それが災いしているとも言えそうです。もっと子供を信頼して、子どもにやらせてみたらいいのに、と感じています。

  5. tomohiro_tomakomai 2017/07/11 7:07

    診療内科の患者さん(子ども)は親子で来局される方が多いです。親子で診察を受けているのかもしれませんが、全てにおいて親が干渉していると感じます。
    投薬中、併用薬の質問を子供にしても親が答えます。アレルギーや副作用について聞いても親が答えます。何を聞いても親が答えます。薬についていろいろと聞いてきたり、今までの経緯を話すのも親です。
    子どもの出番は全くありません。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ