• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

調剤薬局にOTC医薬品が大量にあるところと少なところがあるのは何故ですか?

ドラッグストア勤務の薬剤師です。ドラッグストアは新入社員の頃から働いてきてとても楽しかったのですが、体力的にそろそろキツくなってきたので調剤薬局に転職しようかと考えています。

最近たまにですが、転職を考えている調剤薬局に下見にいくのですが、行く店舗行く店舗で何となくですが、一つ疑問に感じています。
調剤薬局でもOTC医薬品を大量に置いてあるところと、それ意味ないでしょ?という程の気持ち程度にしか置いてないところの2つに分かれます。
これには何か意味があるのでしょうか?それともドラッグストアにはない戦略でしょうか?内部事情に詳しいかた教えて下さい。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. stew_259 2016/03/07 3:00

    調剤薬局で勤務経験がなければ知らないかもしれませんが、調剤薬局とはいえOTC医薬品を扱わなければなりません。
    保健所や薬務課の監査が入るときにしっかりチェックされます。
    ドラッグストアの常識が通用するかは分からないですが、同じ業種とはいえ全く別物と考えて一度勉強をし直した方がいいでしょう。
    医療用医薬品も様々ですしね。どこの病院の門前の調剤薬局に行くかでも勉強する内容も変わってきますが基本的なことくらいは務める前にやっておくべきですよ。

  2. lamp_5078 2016/03/07 10:03

    薬事法をイチから読み直しましょう。どうしてかが、しっかりと書かれていると思いますよ。
    調剤薬局でもOTC医薬品を置かなければいかないことを!まあ調剤薬局に務めてるからって雇われ薬剤師だとOTC医薬品を気にもせずこの事を知らない人も結構いますけどね!
    学生の頃を思い出して、もう一度薬事法とその関連書籍を読み返してみて下さい。

  3. topic_2953 2016/03/07 12:33

    OTC医薬品を多く在庫しているところと、そうでもないところの違いは、単純に昔からのなごりですよ。
    調剤薬局制度というか、病院が院外に薬を出せるようになって、その頃から調剤薬局が増え始めたんです。
    その制度の前から○○薬局として元々営業していて、調剤薬局も後々扱い始めたところです。
    そして世の流れかもしれませんが調剤薬局は、昔からの薬局であろうがなかろうが処方箋を扱わないと経営していけないところが殆どですから
    調剤がメインになってるところばかりです。OTC医薬品はドラッグストアの品揃えや価格には勝てませんからね。
    ただし、調剤がメインとはいえ一気に在庫を処分出来なかったり付き合いもあるので調剤薬局専門のところより多く在庫を置いてるのです。
    その当時のことは詳しくは知りませんので個人的な意見になりますが、調剤薬局は薬剤師や薬局制度を生き残すための苦肉の策で出来たような気がしてなりません。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ