• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

精神科門前で困ったことは?

耳鼻咽喉科門前で働くパート薬剤師です。

転職を考え薬局を探しています。精神科門前の薬局も視野にいれているのですが、やはり精神科と言う事で少し迷っています。

精神科門前の薬局薬剤師で困ったことや他とは違うと感じることはありますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. motoyasu 2016/07/14 3:52

    メンタルクリニックの門前で働いています。
    ここは、軽度のメンタル患者が多いのでそれほど困ることはありません。ご家族と一緒に来局されたり、会社の保護員と一緒に来局されたりされる患者さんもいらっしゃいます。この場合、重症と言うよりは家族面談がクリニックであったということのようです。ただし、患者さんの中には重症の方もいらっしゃいますので、処方箋3枚に渡り抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬が記載されているものもあります。最初は数の多さにびっくりしましたが、最近は慣れてきましたね。
    長く通われていてずーと同じ薬だけという患者さんは少ないので、たいてい薬が増えたり、服用方法が毎回少しずつ変化したりしています。監査・投薬時にしっかり意識しないと見落としてしまうということもあります。

  2. marin_9771 2016/07/14 16:03

    薬局の営業時間が夜間21時までです。これは門前の1つ、メンタルクリニックの営業時間に合わせたためです。夜間は薬剤師1人、事務1人の2人で営業をしていますが、怖いと感じることがたまにあります。
    これはメンタルの患者さんという事ではなく、外から入って来る通行人が怖いと感じる時もあると言う事です。少しおかしい、普通と違う、動作・しぐさがおかしいと感じるのです。今のところ酔っ払いが入って来たことはありません。
    メンタルクリニックの患者さんは、会社帰りの方でまじめな方が多いですね。ですから夜間のメンタルクリニックの患者さんに困ることはありません。メンタルクリニックの患者さんで怖い・困ると感じるのは、昼間の時間に来局される方、仕事をされていない方の方です。

  3. kaori-91 2016/07/15 1:15

    驚くことに多くの患者さんがメンタルクリニックに通われているのですね。お年寄りもかなりの割合で通われています。メンタルクリニックの数がこれだけ多く増えたことも納得できますね。

    お薬手帳の普及により併用薬のチェックが、だいぶ楽になりました。
    今まで内科の薬だけだと思っていた患者さんが、ジェイゾロフトやトレドミン、リスパダールなど多くの薬を服用されていたこともお薬手帳により発覚しています。

    精神科と言ってもいろいろあると思いますので、どのような症状の患者さんが多い病院なのかを調べれば安心して働けるのではないでしょうか。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ