• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

急性期病院と慢性期病院、新卒にはどちらが向いていますか?

私の妹は、今年実習を経て薬剤師になろうとしています。
私は免許を取得して調剤薬局で働いているのですが、妹は病院で働きたいと考えているみたいです。
まだ先の話ですが、病院にも「急性期」と「慢性期」の括りがありますよね?
私は病院で働いたことがないのであまりアドバイスが出来ません。妹が実習でいく病院は「慢性期」がメインだそうで、「急性期」の病院に触れる機会がないそうです。
病院で働かれている薬剤師の方にお聞きしたいのは、新卒で病院を選択する際、「急性期」と「慢性期」どちらの方がいいでしょうか?
また、どのような違いがあるかも教えていただけると助かります。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. miyoko_14742 2017/02/04 12:39

    まず急性期と慢性期では薬剤師の仕事内容が異なる点が幾つかあります。
    急性期の場合、高度な手術や治療など災害時には拠点病院となる可能性が極めて高い現場になります。

    その中で薬剤師が他の医療従事者と連携して行う業務と言えば、混合薬剤の調整、手術の立ち会い、抗がん剤の投与など薬剤師としての知識や技術もさらに高度なものが求められます。

    また症状が安定していない患者さんやご家族の方とのやり取りも出てくるので、コミュニケーション能力が求められてくるのも急性期病院の特徴だと思います。
    慢性期病院は比較的安定している患者さんがメインになってくるので、急性期に比べると高度な知識や技術などのスキルアップにはなかなか繋がらない場合があります。

    ただ、新卒で入ったばかりで学ぶことも多い人にとっては、他の医療従事者や病院での薬剤師の役割をしっかりと身に着けることが出来るので最初は慢性期病院がいいかもしれないです。

    急性期病院は常にハードな現場で過ごさなければいけないので、年収はもちろん慢性期病院に比べると2倍高い事が多いそうです。年収に見合った現場だと言えます。
    ただ、慢性期病院である程度経験を積んでから急性期へ転職するのも可能なので、卒業当初は慢性期がいいのではないでしょうか。

  2. kintaro_3907 2017/02/05 3:19

    急性期病院は退職しづらいですよ。僕は男なのである程度プライベートな時間が犠牲になっても大丈夫ですが、若い女性は特につらい日常になると思います。
    想像以上にハードなスケジュールですし、治療方針の会議中に質問をぶつけられた時、答えられずにいると結構その後が厳しい職場環境になってきます。
    チーム医療や人のために働きたいという意欲があっても、実際に働いてみると自分の無力さに嘆く人や、一度チームに組み込まれてしまうと結婚などで退職をするなどが難しくなってしまいます。
    デメリットばかりではありませんが、慢性期病院に比べるとかなりリスクが高いです。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ