• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

4年制卒業の薬剤師と6年制薬剤師の決定的な違いは?

僕は4年制薬学部最後の卒業生です。僕の後輩からは6年制薬学部に制度が変わり、僕らにはない2年間が薬剤師免許を取得するにあたってどの程度影響しているのか気になります。
今のところ、同じ職場で働いている後輩と自分はそこまで差が無いと思いますが、外部から見るとやはり違いを感じるのでしょうか?
もちろん、新しい基準で4年制の薬学部もありますが、それはあくまでも「大学院に行く予定の研究職希望の学生」ということになっていると聞きました。
僕らの時には無かった考え方なので、実際に4年制の学生と6年制の学生だとカリキュラムもどのように異なるのかとても興味があります。
また、6年制になったことで実習の期間も大幅に増え経験も多く積むことが出来るようになったものの、実際にどの程度学生に影響を与えていると思いますか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. haruyosi 2017/04/07 17:58

    4年生の薬学部では、製薬企業研究職や化粧品などの企業研究職に就くことを想定してカリキュラムが作られているので、必ずしも薬剤師免許が必要とは限らないことを前提としています。
    学歴を重視したいのであれば、4年制+大学院の方が有利かもしれませんが、薬剤師として働くのであれば最初から免許を取得するためのカリキュラムが組まれた6年制に行くことがいいとされています。
    今までは薬学部に入り薬剤師免許を取ることが1つの目標みたいになっていました。
    それが、薬剤師免許を取得することをメインにした6年制と免許が無くても薬学的な知識を活かせる企業に就職したい人向けの4年制に分かれた、と考えれば分かりやすいでしょうか。
    最初から向かう場所が異なって来るので、薬学部に入ってから就職先を悩むことが少なくなったのが昔と異なる点かもしれません。

  2. misono_77758 2017/04/07 23:16

    薬剤師としての地位が少し見直されたからこそ、6年制のカリキュラムが組まれたと言っても過言ではないという人もいます。

    6年制になり、薬剤師免許を取得するための時間はかかるようになりましたが、その分、実習期間が長くなり病院と調剤薬局での経験をたくさん積めるので、薬剤師がどのような仕事をするのか理解しやすくなったと思います。

    その分、免許を取得してから即戦力になる薬剤師が増えたのではないでしょうか?
    持っている知識も多ければ、4年制の時では無かった情報もたくさん持っているので、入社時の初期能力値もかなり高いと思います。

    ただ、とは言え社会人としては新人なので患者さんから見たら同じ立場の薬剤師と一緒です。
    あまり気にする必要はないと思います。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ