• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

薬剤師不足を補うためにできることはなんでしょうか?

薬剤師の年収や待遇などではなく、家庭環境などで薬剤師として復帰出来ない薬剤師がいっぱいいると聞きました。
実際、僕の薬局にも以前いた女性薬剤師は産休と育休が明けたら現場復帰する予定でしたが、待機児童と親の介護が重なってしまったみたいで2年経った今でもまだ復帰出来ません。
近隣の薬局でもその問題は結構深刻で、地方になれば解消するという訳でもなさそうです。
もともとバリバリで働いていた薬剤師が現場から遠ざかり、新卒もあまり正社員として調剤薬局に入社してくれなくなってしまった現状を危惧しています。
派遣薬剤師も安定して職場にいてくれる訳ではないですし、やはり正社員で働いてくれる薬剤師がとても不足しています。
薬局としても待遇や給料を上げたりしているそうですが、やはり実務経験から長く遠ざかってしまっている人などは現場に戻って来てくれません。
薬局としてどこまでその人のサポートをするのがいいのかイマイチ線引き出来ずにいます。どのようなサポート体制がいいと思いますか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. nonoko-125 2017/03/07 9:42

    まず、育休を1年間までとしているかどうかが大切です。原則1年間としている薬局が多いと思いますが、やはり即戦力になる人に辞められちゃうと困ると思っているところは2年まで延長する薬局もあるそうです。

    しかしながら、待機児童問題や親の介護は予測できないものなので薬局に余裕があれば引き止めておいてもいいですし、余裕が無ければパートでもいいので人員を確保するのが先決だと思います。

    パートなどで働いている人が正社員になりたいと思えるような職場にするのはとても難しいです。給料が高くてもシフトが詰まっているような職場では働きたくないと思いますし、休みの融通が利いてもお給料が安ければ働きたくない、など雇用する側からしたら理不尽な状況です。

    例えば親の介護をしている人は短時間勤務を認めてあげる、待機児童で困っている場合は託児所などのあっせんをしてあげるなど出来ることは限られていますが、サポートするだけでも状況は変わると思います。

  2. mitie_90655 2017/03/07 15:03

    新卒の薬剤師が調剤薬局などに来なくなってしまった理由の一つとして、雇用形態に不満があるみたいですね。
    何が何でもお金を稼いで家を建てる!とか、親を楽させてあげたいなど目標がないままフラフラしている派遣薬剤師も多い気がします。
    若い戦力はもちろんですけど、地域との繋がりがめんどくさいという人も多いので仕方ない傾向なのかもしれません。
    福利厚生の充実よりも、働きやすい職場の雰囲気などが大切だと思います。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ