• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

抗がん剤処方箋の裏の情報が知りたいと感じます

当薬局は内科門前ですが、大学病院からも処方箋がまわってきます。その中には当然抗がん剤も含まれており、投薬に慎重になるケースも少なくありません。

抗がん剤が処方されていた場合、本人ががんという事を知っているのか、知らないのかということでも慎重になります。告知されていればそれ相応の投薬ができますが、告知されていないのであれば本人に対して非常に慎重に、言葉を選びながらの投薬になります。

また、処方が抗がん剤の副作用防止のために処方されているのかどうか、ということも処方箋を見ただけではわかりません。何の目的で処方されているのかがわからなければ、一般的な治療と判断をしてしまいます。
抗がん剤処方箋、副作用防止の処方箋における裏の情報を知りたいと切に感じます。
皆さんの経験をおきかせください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. sansiro-421 2017/07/26 13:13

    最近は告知することが主流となっているようです。抗がん剤の処方箋を持参される患者さんの多くは、○○がんになってしまった、と言って処方箋を持参されます。表面的には明るく努めていますが、心の中は不安と恐怖で一杯だろうと察知します。
    ただし、中には告知されていない患者さんもおられると思いますので、本当に本人に告知されているのかどうかを知ることは必要です。
    告知されていない患者さんに行ったら最後、それを覆すことはできません。治療がいい方向に進めばいいですが、本人の治療意欲がなくなってしまっては大問題です。
    そのため、告知の有無を慎重に確認する必要があります。

  2. humina 2017/07/27 13:17

    薬剤情報書などにも抗がん剤ということは記載できません。様々な病気の治療に使用されるお薬です、くらいしか記載できません。
    患者さんに投薬する前に、お薬情報書の確認は絶対に必要です。

  3. kimio_7674 2017/07/28 20:18

    最近の処方箋には、小さくコメントが記載されているものも増えています。
    抗がん剤の副作用防止のために処方されている場合は、抗がん剤の名称と、いつから服用などが記載されています。それによりただの吐き気止めではなく、抗がん剤の副作用防止のための処方であることがわかります。
    もちろん、その時も本人に告知されているかどうかという事までは、処方箋に記載はされていませんが。

  4. maori-o 2017/07/29 20:43

    骨粗鬆症の治療薬が処方されていたので、一般的な骨粗鬆症の治療だと思って投薬したのですが、実際は抗がん剤の副作用防止のために処方されていました。

    ご家族が来局されていたので抗がん剤の副作用防止ということがわかったのですが、ご本人が来局されていたらわからなかったかもしれません。
    処方箋に何らかの記載があると助かりますね。

    ただし、ご本人が病気を理解しているのかどうか、これはご家族に確認する必要があります。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ