• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

M&Aされた薬局で勤務していましたが退職しました。

薬局のM&Aがものすごいスピードで進んでいます。ここ2.3年前から、次々と大手調剤薬局グループに個人の薬局が吸収されています。
M&Aされた薬局は、それまでのスタイルとはがらりと変わり、内部の人はもちろん外から見てもわかるくらい変化をしています。

例えば、投薬の方法も以前は患者さんの座っているところまで薬剤師が行って投薬をしていましたが、今は機械で番号を呼び患者さんに歩かせ投薬をしています。
処方箋もここでしか受け取らない、会計もここでしかしない、というように全てがルールに沿って、その通りでなければ駄目と言うようになっているのです。

従業員もその方針通りにしか動きません。患者さんを動かし、自分たちは全く動かないのです。
以前のような患者さんに優しい薬局ではなくなりました。現在はこれまでの薬局を辞め、転職も視野に考えています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. miyako_538 2018/01/25 18:19

    ジェネリックが深く浸透してから、薬局の在庫は増え続け今でも雪だるま式に増えています。
    薬局の規模が大きければ大きいほど、在庫の数は増え続けるでしょう。規模が大きい薬局は患者さんの数も多いですから、その分負担も大きくとても個人の経営では成り立たないという状態になっているのです。
    そのため、チェーン店と言われる薬局に吸収されるところが増えているという状態です。家賃、人件費、設備投資、薬在庫など経営を圧迫する要因は、すべてが値上がりに転じており益々苦しい経営が求められるのです。

  2. haruhiro_kri 2018/01/26 1:23

    薬局がM&Aされても、薬局名はそのまま残している薬局が多いと感じます。
    患者さんに馴染みがあり親しんでもらっている薬局として、経営だけを変えるので患者さんはM&Aされたことには気づきません。

    気づくとすれば、設備が変わるので薬袋が変わるなど印刷物の変化と言えるでしょう。
    しかし、実は人間も変化していると感じます。人は同じでも以前のような個人経営にある融通が利くことや親しみやすさという点が奪われ、機械的な人に変わってしまうのです。

    以前は優しかった薬剤師が、今では常に厳しく距離を空けたように感じると患者さんが話されていました。

  3. ayari_kuzykuri 2018/01/26 9:46

    M&Aされた薬局は、薬の在庫も全て管理されています。発注もある一定の金額以上になるとアラームが鳴るように設定されており、その解除には説明が求められます。
    以前のような融通は利かなくなりました。
    在庫においてはそれがいい事だとは思いますが、高額の薬を処方される患者さんは断るなどということも現場では起きています。

  4. hitoki-130 2018/01/27 3:43

    M&Aが決まると、特に管理薬剤師は転職する考えに至るようです。それまでは、自分の裁量で任されていた仕事が、全て本部の管轄になり自由が利かなくなります。本部と現場との板挟みでつまらない、窮屈と感じることが多いからなのでしょう。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ